京都市左京区整形外科 医療法人社団貴順会 𠮷川病院

京都市左京区整形外科 医療法人社団貴順会 𠮷川病院

病院について

人工(股)関節手術・膝関節手術

はじめに

現在の超高齢社会において、生活の質(Quality of Life : QOL)を保ちながら生きてゆく ことは、健康寿命とも関係しており、大きな課題となっています。歳を重ねるにつれ膝や 股関節が変形し、痛みを生じることがあります。この痛みにより、生活の質が大きく 下がっている方の人生をより良くする為の効果的な手段が、当院で行っている人工関節 置換術です。人工関節置換術は元々の関節を人工のインプラントに置き換える手術です。 それにより変形による痛みが軽減し、歩き易くなるなど、生活の質を改善することが 期待できます。人工関節について、手術、手術後の経過など、知っていただきたい事を 説明します。

変形性膝関節症とは

膝関節は、大腿骨と脛骨という骨から構成されています。


関節ではそれぞれの骨の表面に軟骨があり、それによりスムースに動かすことができます。 膝関節の隙間には半月板とよばれるクッションの働きをする構造物があります。 この半月板は加齢とともに変性し、最終的には擦り切れてなくなってしまいます。



クッションが働かなくなった関節では、日々の生活の動作により、軟骨や骨が擦り切れて ゆきます。更に進んでいくと骨同士がぶつかり、徐々に骨が変形し、更なる痛みを生じ、 膝が曲げにくいといった、動きの制限も生じていきます。この状態を《変形性膝関節症》と呼びます。 外来診療時にまずレントゲン撮影を行い、関節破壊・変形の程度を判断します。画像から 正常→変形初期→進行期→末期、といずれの状態にあたるかを説明します。

保存加療について

人工関節置換術は、自分の骨をインプラントに置き換えるので、治療としては最も効果を期待できる ものですが、最終手段でもあります。ますは保存治療(手術を行わないで治療する事)が大切です。 運動療法や体重を減らすことは効果的な治療法であり、他にも投薬・関節注射・装具療法などがあります。 保存療法で痛みが改善することも多いですが、一旦すり減ってしまった軟骨や変形した骨は自然に再生 することはなく、保存療法を継続しても痛みが軽減しないこともあります。痛みによる生活の制限が 大きい場合は、人工関節置換術を選択することになります。

人工関節手術について

人工関節置換術とは、傷んで変形した関節を人工物で作られた関節に置き換える手術です。 手術を受けることにより、多くの方が痛みから解放され、日常生活の改善を得られます。 人工関節置換術には様々な種類があります。患者さんに合わせて、また変形の程度に合わせて、 最適と考える治療法を提供します。現在、当院で行っている膝の人工関節手術には、関節の内側、 外側とも置換する全置換型置換術(TKA : Total Knee Arthroplasty)と、主に傷んでいる内側のみ置換する単顆型置換術(UKA : Unicompartmental Knee Arthroplasty)があります。
変形が強く、膝の動きも制限され、靭帯も傷んでいる場合は全置換型を選択することが多い ですが、靭帯がほぼ正常に機能しており、動きが大きく制限されていない場合は、単顆型人工関節を 選択します。単顆型人工関節は自分の膝の動きがほとんど残されておりますので、術後も可動域 (膝を動かす事ができる範囲)が全置換型術後と比べて良く、また手術の傷、痛み、出血なども 少なくて済むことが多いです。しかし、全置換型に比べて単顆型の場合、年月に伴い人工関節の緩みや、外側関節に障害が生じた場合、再手術を行う事もあります。どちらが適切な治療法かは、その方の状態に より選択しますので、ご相談下さい。

当院での特徴

現在はMIS(できるだけ筋肉を切らず、膝蓋骨を横にずらして手術をする方法)と呼ばれる 筋肉を温存した手技をとっており、術後の疼痛の緩和、早期回復に繋がります。 ※MIS:低侵襲手術(Minimally Invasive Surgery) また、全置換型では術前のCTデータを用いて、3Dプリンターにて作成した、言わば、 オーダーメイドの人工関節手術器具を使用しています。

変形性股関節症



骨頭と臼蓋は軟骨に覆われており、それにより関節は痛みを伴わずスムースに動かすことが できます。主に加齢により、関節軟骨は変性し、摩耗することがあります。関節表面が平らでなくなると 結果として痛みが生じ、関節の動きも徐々に硬くなってゆきます。加齢以外にも、股関節疾患には 他にも多くの原因が考えられます。


臼蓋形成不全と言って臼蓋と骨頭の被りが浅い状態があります。日本人に多く、股関節脱臼が あった方は特に顕著にみられます。被りが浅い部分に体重が集中するため、早い時期から軟骨が すり減り、骨が変形します。臼蓋形成不全は、女性に多い疾患であることが知られています。 人工関節手術は変形や痛みの程度、年齢、職業等を考慮し治療方針を決定します。

人工関節手術について


人工関節置換術とは、傷んで変形した関節を人工物で作られた関節に置き換える手術です。 手術を受けることにより、多くの方が痛みから解放され、日常生活の改善を得られます。 患者さんに合わせて、また変形の程度に合わせて、最適と考える治療法を提供します。 現在、当院で行っている股関節の人工関節手術(THA : Total Hip Arthroplasty)は 脱臼やその他の合併症が極力少なくなる様に安全な方法を選択しています。


変形の程度によって、手術のアプローチを選択しています。

当院での特徴

現在は可能な限りMIS(筋肉と筋肉の間から股関節へ到達する方法)を行なっております。これにより術後の 疼痛の緩和、早期回復に繋がります。手術の際に特別な足を保持する台を用いて手術を行なっており、 患者さんのより早期の社会復帰につながっています。術前のCTデータを用いて、3Dプリンターにて作成した、 オーダーメイドの人工関節手術器具を使用しています。

医療法人社団 貴順会𠮷川病院

〒606-8392 京都市左京区聖護院山王町1
初診・再診受付
午前8:30~11:30 ×
午後3:00~4:30 × ×

※整形外科 月曜・水曜の午後受付時間は16:00〜17:30です。
※整形外科は金曜日の午後は診察ございません。
※美容皮膚形成外科は完全予約制です。

# Access

●交通機関
市バス:「熊野神社前」下車、徒歩3分
(JR京都駅より206号系統、「四条河原町」より201号・203号・31号系統)
京阪電鉄:「神宮丸太町駅」下車、徒歩15分
阪急電鉄:「河原町駅」下車、市バスに乗り換え「熊野神社前」下車、徒歩3分

Page Top